普段から予防につとめよう

この記事をシェアする

ティッシュはトイレに流してはいけない

意外かも知れませんがトイレへ流してはいけないものとして先ず上がってくるのがティッシュペーパーです。
トイレットペーパーが切らしてしまった際にはティッシュペーパーで代用し流してしまうものです。
トイレットペーパーは当然水に溶けやすい素材なのですが、逆にティッシュペーパーは鼻水や水分を受け止められるように出来ているので水には溶けにくい素材でできています。
これを流していると汚物と絡まって便器内の「せき」と言われる部分にひっかかったり、その先の排水口などにつまってしまうリスクがあります。
よく駅やビルなどの公共トイレで「備え付けの紙以外は流さないでください」と貼り紙してあるのはその理由からです。

普段トイレで流して良いと思っている嘔吐物なども実は固形の食べ物が混じっていたりしてつまりやすく、残飯なども同様です。
要するに便とトイレットペーパー以外は流すべきではないということになります。

節水も意外とやってはいけない

貯水タンクのレバーには「大」と「小」がついていますが、「大」は大便を流し切るのに必要な水量が設定されています。
もちろん量や大きさに個人差はありますが専門メーカーが長年の研究を経て設定された水量なのでデータに基づいた根拠があります。
これは1回だけ流し切るということではなく積み重なった回数でもつまりにくいというデータ結果なので、普段から設定通りの水量を使うことが推奨されます。

節水目的で貯水タンクに水を入れたペットボトルを入れている場合も十分の水量が確保されないためトラブルの原因になります。
確かに節水も大事ですが、その後のリスクを取るよりもトラブル予防することをお勧めします。

また日頃からこまめに掃除をしたりトイレの状態をチェックして快適なトイレを保っていきたいですね。