悩ましいトラブルに対処するには

この記事をシェアする

自分で解決できる便器のトラブル

トイレットペーパーや汚物で便器が軽く詰まっているような場合はトイレ用の液体洗剤で溶かし流す方法があります。
トイレットペーパーは水溶性なので時間を於けばある程度流れやすくなります。

上記対処をしても流れが悪い場合はトイレ掃除用のラバーカップでつまっているモノを吸い出しましょう。
それでも解決できない場合は真空式パイプクリーナーがお薦めです。ラバーカップよりも強力な器具で、家庭の様々な排水口にも使える物がホームセンターやネットで販売されています。
またトイレ専用のワイヤーブラシで汚物を粉砕したり、かき出す方法もあります。
注意点として汚物を便器側に出した後すぐに流してしまうと、また詰まってしまうこともあるので、固形物はある程度取り除いてから流すのが無難です。

これらの器具を使う方法は勢いで汚水が飛び散ることがあるので便器を覆ったビニールに穴を開けてそこから器具を入れて使うと良いでしょう。

こんなトラブルは業者さんに依頼しよう

ここまでご紹介した方法を全て試す必要はありませんが、自分で手軽にできる方法をやってみても改善しない場合があります。
便器の排水の中が見られないということもあるので慣れない人が解決するには難しいと感じることもあるでしょう。
そう感じたら業者さんに依頼するほうが良いでしょう。
もし他に使えるトイレがあり解決までの時間に余裕があれば、薬剤で溶け出す経過を見る方法もあります。

また携帯電話や紙オムツ、生理用品など水に溶けない異物を誤って流し、つまってしまった場合も業者さんに依頼するほうが良いでしょう。
流れないものが見えない箇所でつまっているにも関わらず水を流してしまい溢れてしまったり、自己流のチャレンジで事態を悪化させることもありえます。
そんな事態を避けるためにも冷静に自分の知識や経験でできる事をわきまえて専門業者へ相談することをお勧めします。