排水の仕組みを知り、冷静に症状を見て原因を探ろう

この記事をシェアする

やってみようタンクトラブルの処置

タンクから水が漏れていたり、水流が弱いことで便器の水の流れが悪い場合は排水側のつまりではなくタンクの不具合が原因と思われます。

まずタンクに直結する止水栓を止めます。次にタンクの蓋をゆっくりはずして中を覗いてください。
タンク自体に破損がないか、またタンクのパーツ全てをチェックしてズレや破損がないかも確かめます。
水洗レバーを引いてそれに連動し玉鎖や浮き球が正常な動きや正しい位置であるかどうかを確認しましょう。
パーツがズレているなら位置を正しくもどして再度止水栓を開き水流が正常に戻ればOKです。
パーツが破損している場合は新しいモノと交換することで多くの場合は正常に流れます。
パーツはホームセンターで手に入るものと取寄せになる特殊部品の場合がありますのでメーカーに確認しましょう。

上記の対処で解決できない場合は業者さんに相談することをお勧めします。

経年劣化もトラブルの原因

タンクのパーツも消耗品が使われているので10年も使用すれば経年劣化により水漏れが起こる場合があります。
浮き球や浮きゴム、パッキンなど、中でもゴム製品は劣化によりヒビが入ったり弾力が失われるため、不具合の原因となります。
パッキンはホームセンターで安く購入でるので、まず試してみることをお勧めします。

タンク自体にヒビが入っていたりすぐに交換できない場合はホームセンターなどで購入できるパテで応急処置ができます。
しかし長期間の使用は更なるトラブルを引き起こす可能性があり、あくまでタンク交換までの処置としてください。
タンクの交換は専門性が高いため無理せず業者さんに依頼することをお勧めします。

以上のように小さなパーツは自分で試してみて大きなパーツの交換はプロにお任せするのが良いでしょう。